07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-11-13 (Sat)
通帳ポーチ

久しぶりに作り方の記事です。

まずはじめに・・・
生地とデザインがあってませんね。
自分と母のものを作ったのですが
ちょっぴりがっかりです。
この生地(ソレイアード)ならピンタックはいらないし、
ピンタックしたかったら無地かもっと細かい柄にすべきでした。

これから作られる方の生地選びの参考に、
失敗例ということで。

作り方のみ参考にしてくださいね~
また、ここはこうしたほうが綺麗に作れるよ、
作りやすいよという情報もお待ちしております。

さてさて。
まずはじめに材料です。

通帳ポーチ1

出来上がりサイズ
縦 11センチ × 横 20センチ
マチなしです。

以下は縫い代を含んだサイズです。
左上から
内ポケット(カードポケット)9×20
内布 28.5×20

ふた 必要なのは 8×20 ですが、
ピンタックのぶん 1×3と、
多少サイズが前後してしまうかもしれませんので、
8×24 もしくは、9×24くらいにカットしてください。

本体 22.5×20

接着芯 ふた用 7×20
    本体用 21.5×20

トーションレース
 20+α 1本
 60   1本

差込金具 1組

*********************

では作り方です。

① ふたの布のピンタックを縫います
通帳ポーチ2
ふたの左のほうに3本のタックをいれます。
まず、ふた用の生地を裏返し、
右端から4センチのところと、
そこから2センチのところ、さらにそこから
2センチのところの3箇所にしるしをつけます。
ここがタックの山になります。

通帳ポーチ3
しるしをつけた所に、3ミリ~5ミリの
切り込みを入れます。
切り込み部分の縦糸を1本だけ引き抜きます。
少し引き出したらギャザーがよった布を下に送り、少しずつ引き出していきます。
3箇所とも同じように1本糸を引き抜きます。

通帳ポーチ4
布の端と端をタックの山の位置で折ってつまみ、少し引っ張ると山の位置で全体が折れます。アイロンで整えましょう。
折り目(タックの山)から5ミリのところを
2ミリくらいの細かい縫い目で縫います。
あとでタックを左に倒すので、表に出るほうが
ミシンの表の縫い目になるようにしたほうが
きれいに仕上がると思います。

通帳ポーチ5
3本とも同じようにできたら、タックを
3本とも左に倒し、アイロンで整えます。
ピンタックを入れると微妙にサイズがかわってしまったりするので、大き目の生地にしてあります。
縦横をはかり、8×20センチになるように切ってください。
モチーフなどをつける場合はここで。

② 接着芯を貼ります。

通帳ポーチ6
本体とふたを縫い合わせる部分の縫い代
以外に接着芯を貼ります。
接着芯ののりがついている側をよく見て、アイロンで抑えるように貼ります。
特にふたのほうは上下を間違えないように気をつけてくださいね♪

③ ふたと本体を縫い合わせます。
通帳ポーチ7
本体とふたの表同士を合わせ、マチ針を
うってから、接着芯の横を縫います。
縫い代は、本体側に倒してアイロンを
かけます。

通帳ポーチ8
本体側の、ふたから3~5ミリのあたりを
縫います。

④ 内布にポケットをつけます。
通帳ポーチ9
ポケットの上と下にジグザグミシンかロックミシンをかけます。
サイドは切りっぱなしで大丈夫です。
上と下それぞれ1センチずつ折って
アイロンをかけます。
ポケットの口になる上側は、折り目から
7ミリあたりを縫います

通帳ポーチ10
本体にポケットを縫い付けます。
位置は、ポケットの下が布の下の端から
10.5センチの位置です。
黄色いラインがポケットの布です。
赤いラインのところを縫います。端から5ミリ
あたりを縫ってください。
ポケットの仕切り2箇所を縫います。
左の写真を参考に、両端から7センチです

⑤ 本体に差込金具をつけます。
通帳ポーチ11
ふたの中心の端にしるしをつけます。
ふた側のパーツは取り付け前なので開いています。無理がかからないところまで土台に差し込んでみます。
ふたのしるしのところに金具を合わせます。
完全に差し込まれていない分数ミリを考慮して、土台を数ミリ上方向に動かして抑えます。ツメのあとが見えているうちに、チャコペンなどでしるしをつけます。

通帳ポーチ12
しるしをつけたところを、リッパーなどで
切ります。

通帳ポーチ13
表から土台のツメを差し込みます。
裏側に座金をあわせ、ツメをペンチで
曲げます。
土台が出っ張っているので、ちょうどよい高さの硬いものをかませるか、
机のへりなどを利用して、木槌などで
ツメを打ちます。

⑥ ポーチの口を縫います。
通帳ポーチ14
ポーチの口を縫います。
布の向きに気をつけて、外表にあわせます。
端から5ミリあたりを縫ってあわせておきます。

通帳ポーチ15
トーションレースを2本とも半分に折ってアイロンをかけておきます。
短いほうのレースでポーチの口をはさみ、しつけをかけてから縫います。
両端のはみ出したトーションレースは
切っておきます。

⑦ まわりを仕上げます。
通帳ポーチ16
ポケットの下のラインで折ります。
本体は金具がついている側のほうが、
後ろより5ミリ短くしてあります。
ずれないように、マチ針をうつかしつけをかけて、図の赤い
ラインのところ(端から5ミリあたり)
を縫います。

通帳ポーチ17
トーションレースの端を折り込んで、
3辺に縫い付けます。
縫いにくいので、必ずしつけをしてから
縫ってください。

⑧ 差し込み金具を取り付ける。
通帳ポーチ18
土台に金具を軽く差し込み、ふたのつけ位置を
確かめます。
ぐっとつまんで、軽くふたに金具を固定してください。
専用の金具があるのかもしれませんが、私は
硬いものの上に置き、金具の上にも板状のものを置き、木槌で板を打って取り付けています。
ペンチでもいいのですが、ぐにゃっとなってしまったりしますのでご注意を。
最後に全体にアイロンをかけて出来上がりです。


あくまで、私の作り方なので、他の作り方もあると思います。
もっと、こういう方法があるよ~という部分があれば
教えてくださいね。
作り方で交流できたらいいな♪と思います。

これを読んだらややこしっ><と思うかもしれませんが、
作ってみたらそうでもないと思います。
みなさんの素敵な作品ができあがりますように☆
作ってみたよ~という方がいらっしゃったら教えてくださいね。

追記・・・・

差込金具の上に、つまみのような革などを挟んだほうが
開閉しやすかったのにと母が言ってました。
工夫してみてくださいね。

*******************

ご自由にアレンジして作っていただいて結構ですが、
ぽちっとしていってもらえたらうれしいです↓

ランキングに参加してます。
応援お願いします~
バナーをクリックしてね♪




作ってみました~の方はぜひこちらのブログを紹介してくださいねっ
スポンサーサイト
* Category : 作り方
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。