FC2ブログ
10≪ 2019/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-08-07 (Wed)
S様ピアノカバー1

S様オーダーのピアノカバーといすカバーがやっとこさできあがりました。

お待たせしすぎて、本当に申し訳なかったです。

やはり、仕事に出ると制作は難しいですね。
帰宅後、子供たちに食べさせて、お風呂もすませ、
片づけもすませ、持ち帰りの書類を書き、洗濯。
その後に、時間がないことはないんだけど、もはやくたくたで。

土日に時間があるはず、と思うけど、
土日にしかできないことや、1週間の買い出しや、なんだかんだであっっという間に時間が。

待っていただいていることが、ずっと心にひっかかっているのに、
なかなかミシンに向かえませんでした。
ごめんなさいです。

ピアノカバーはパーツが大きく、意外と時間がかかるため、
ここ、1週間くらいかけて、少しずつ制作をすすめ、ようやく完成しました。

黄色い部分は、本当はリバティのジューンズメドウをご希望だったのに、
今年の限定柄のため、手に入らず・・・
黄色のカペルです。
カペルも好きです♪

ジューンズメドウは私もお気に入りの柄だったので、
また販売されるといいのにな。

S様ピアノカバー2
レース部分に、フランスで買ってきた「MO」のアンティークタグをつけました。


S様ピアノカバー3
カペルとバテンレース

S様ピアノカバー4
右サイドです。

S様ピアノカバー5
(我が家には、ちょうどよいいすがないので、座布団が入っていますが・・・)
おそろいで、いすのカバーです。


**********************


今日から子供たちが宝塚の実家に遊びに行っています。
去年は長男、長女2人だけでJRに乗って行ったので、
今年は末っ子も一緒に、3人でJRに乗って冒険♪
の予定でしたが、西宮にいる夫の妹宅へ、お義母さんが行くとのことで、
西宮までは、こちらのおばあちゃんと行くことになりました。

向こうのおばあちゃんが、西宮まで迎えに来てくれます。

先ほど、息子の携帯から私に電話があり、
「ママ!!大変!!!」からはじまり、
「なんと、無事に宝塚についた」と言い、ケタケタ笑っていました。
うるさいオカンがいなくて、パラダイスのはじまりに、
超テンションが上がっているようです。

週末に夫と車で迎えに行きます。

今日は仕事のお休みをいただいているので、
かなり久しぶりの、家にひとりぼっちです。
駅で末っ子に「ママさみしくなったらどうしよう~」と言ってみると、
「宝塚からハートとばしてあげるから、頑張って」と言ってくれました。
が、なんとなく、自分はこれからおばあちゃん家に行くからさみしくないけどね、
と思ってそうな感じでした。

夏休みにいろんな経験をして、一回り大きくなりますように。
* Category : オーダー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-08-06 (Tue)
あやちゃん

なかなか更新できていませんが、
ずいぶん前にいただいた手作りのくまさんです。
各パーツが、ブルー系のそれぞれ違うリバティでできています。
一緒に出店していた相棒、*Farbe*のkatzeちゃんの作品です。
誕生日のプレゼントとしていただきました♪
このほか、海外旅行のお土産などなど、たくさんいただきました。
ありがとう~
katzeちゃんは、人を喜ばせるのが上手です。

****************

夏休みもだいぶ終わりましたね。
今日明日は、お休みをいただきました。

ほぼ、出勤していたので、なかなか時間がなく・・・・

去年までと違って、帰ってきてから小学校の宿題のまるつけやら、
そもそも、宿題をやっているかどうかのチェックやら・・・・
昼間ほったらかしだと、宿題もなかなかすすみませんね。

昨日、カレンダーに今後の宿題の予定を書き込ませたところ、
毎日けっこう頑張らないと終わらない感じ。

***************

日によっては、私が仕事の間、子供たち3人で留守番なので、
土日くらいは、どこかへ連れて行ってやらなきゃと思うのですが、
あいにくこの前の土日は夫が仕事のため、
一人でがんばりました。

土曜日は花火大会へ、
日曜日はヨーデルの森へ。

龍野の花火大会へ行ったのですが、
moeとタックンは「わぁ~きれい!」「大きい~」など、色や形や美しさを楽しんでるのに、
長男は花火を見て
「はい、銅」「これはリチウム」「この色はナトリウムかなぁ」との感想で。
(花火の材料として、合っているのかどうかは定かじゃないけど・・・)

日曜日のヨーデルの森はとっても楽しかったです。
moeが夏休みの宿題の親子作品として、写真をデコってみました。

002.jpg

したいこと、しなければならないことがいっぱいあるけど、
時間と体力が足りない感じ・・・
がんばれ私、というか、
頑張ってるぞ、私って感じです。
* Category : いただきもの
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-07-30 (Tue)
帰ってきてから、一週間たちましたね。
旅行記、最後です。

f3_1.jpg

3色食べた朝食。毎朝一緒です。
中央あたりの、かたいパン。意外とおいしいか~
ハムの後ろの(見えないか)カマンベールチーズもおいしかった♪
ハムはしょっぱいな。

さて、観光2日目。
節約のため(笑)朝からお散歩して、
ルーブル美術館に行くことにしました。
1.5キロないかな、くらいだったし、
途中あちこち見ながら楽しく到着。

f3_2.jpg
日曜日とあって、朝からジョギングしている人がいっぱい。
公園の並木。
夫がジョギングしてる人をうらやましそうに言うので、
時間もあるし、ちょっと走ってみたら?というと、
嬉しそうにランニング。

そして、ルーブル到着★
f3_3.jpg
新婚旅行の時、近くまでは来たけど入らなかったルーブル美術館。

たくさん並んでた割に、意外とスイスイ中に入れた。

でも、中が広くて、
朝からだいぶ歩いたけど、
さらに中でも1キロは歩いたかな。もっとかな・・・

有名どころをパチリ。

f3_4.jpg
サモトラケのニケ

f3_5.jpg

f3_6.jpg
すり多発の危険地帯、モナリザ前。

f3_7.jpg

f3_8.jpg
ミロのヴィーナス

そして、ここから歩いて、シテ島に渡り、
ノートルダム大聖堂へ。
日曜日で、ちょうどミサをしていたけれど、
観光させてもらえました。

中は美しいし、讃美歌も響いていたし、
心が洗われる感じでしたね。
f3_9.jpg
f3_10.jpg
f3_11.jpg

そして、よーく気を付けて、
地下鉄でホテルにいったん帰って休憩。

***************

いよいよ、本来の目的(?)のツールドフランスへ。

f3_12.jpg

夫、嬉しそうにこの衣装に着替え、
ツールドフランスのロゴが入った、
自転車に乗るときのドリンクホルダーを買ってました。

ちなみに、この服、ツールドフランスで、山道で一番早かった人しか着れない服の、
なんちゃってです。

これっぽい水玉の人、けっこうたくさんいました。

f3_13.jpg

私も、いまいちルールがわかっていませんが、
今年はツールドフランス100回記念で、
この日曜日が最終のゴールです。

シャンゼリーゼ通りは、凱旋門に向かって登っているのですが、
ものすごい勢いで何十人(何人だろ・・・?)が登って行って、
凱旋門の周りをまわって下っていき、
ルーブルまで戻って、またやってきます。
数回繰り返し、最終のゴールになるそうです。

それが、登ってるのに、びっくりするくらい早くて。

夫の解説では、のぼりでも50キロくらい、
最終70キロくらいの速さらしい。

スピード感に、ほんとに驚きました。

f3_14.jpg

よーく見たら写ってるんだけど、
黄色い服の人。
(バイクの人じゃないですよ)
この人が、優勝した人です。
この黄色い服も、トップの人しか着れない服です。

f3_15.jpg
早すぎてぶれてる~

最後まで見たら、混雑が怖いので、
少し早めに帰りました。
ホテルにかえってから、テレビで表彰式。
凱旋門の壁に画像を映したり、すごかったです。

ま、その途中で夫は寝てしまいましたが。
さっきの赤水玉の服のまま・・・
コドモデスカ・・・


**********************

そして、翌日シャルルドゴール空港から、
エールフランスで、無事に関空に帰ってきました~

11時間くらいかけて帰ってきたんだけど、
途中、シベリアのあたりで、
私たちが乗ってる右側の窓からは夜の景色で、月が見えていました。
でも左側の窓を見ると、朝焼けがみえていました。
ちょうど、朝と夜の間を通ってるんだなぁと思うと、
不思議な気持ちがしました。

また、パスポートが切れる前に、フランス旅行ができたらいいのにな。

* Category : handmade mo*mo ショップ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-07-26 (Fri)
今日は、ヴァンヴの蚤の市でのお買い物編。

はじめに一目ぼれしたもの。
トイミシン。

parisと刻印してあるので、多分フランス製かな。

f2-2-1.jpg

ほしそうにして、安くしてもらえますか?と聞いたところ、
20%ほど安くしてくれました。

そして、もう1つ。

f2-2-2.jpg

こっちのほうが後から出会って、模様がきれいだったので、
こっちも買いました。
2つも必要な意味がわからない、と夫には言われましたが。

こちらも、20%ほど安くしてくれて、さっきと同じ値段。
相場なんでしょうね。

でも、こっちは、帰宅後よーく見ると、
GERMANYって書いてあるのを、マジックで塗りつぶしてあるみたい。
フランス製じゃないみたいね。
まぁ、売るわけでなし、私のコレクションなのでOKです。

f2-2-3.jpg
こちらは、古本。
パリのあちこちで売ってますが、
これって図書館の本だったの?な感じ。
でも、いい感じに紙が古くなってて素敵♪

これも、最初に聞いた値段の半額になりました。

それと、アンティークの鍵です。
かわいい♪

f2-2-4.jpg
こちらはイニシャルタグ。箱入り。
昔、自分の服とか、布製品に自分のイニシャルのタグをつけていたそうです。
いっぱい売ってました。

f2-2-5.jpg
やや古いお皿。1枚だけ買ってきました。
雰囲気が気に入って。

本当は、翌日もう1つのクリニャンクールの蚤の市にも行く予定で、
これだけしか買わなかったんだけど、
諸々の事情により、お買い物はここまで。
あとは、お友達用にスーパーでお菓子類を買いました。


*** 番 外 編 ***************

私たちがフランスから帰ってきた翌日、
私は仕事で、実家母も仕事があるため帰宅。
夫の実家両親は、親戚が来ていて一緒に旅行に出かけるため、
末っ子くんがひとりぼっちになっちゃう時間が。
そこで、お願いして、旅行に末っ子君を同行させてもらうことに。
城崎に行ってきたようです。

そこで、おじいちゃん、おばあちゃんに、
家族へのお土産を買わせてもらったらしく、
末っ子くんなりに考えて、兄ちゃん姉ちゃん、パパママに
お土産を買ってくれました。
ありがとう♪

それで、パパへのお土産がこれ。

f2-2-6.jpg

「お土産やさんに、お金が売ってる!」って真剣に思ったらしい。
偽札模様のトランプなんだけどね。
「パパ、お金とお財布なくなっちゃたからお土産!」と張り切って渡して、
開けた後にトランプと知ったみたい。
まあ、それはそれで、遊べるからよかったみたいだけど。

「これ、全部本物だったら、お家買えたのに・・・」と言ってました。

家が買いたいの?
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-07-25 (Thu)
さて、観光1日目の続きです。

予定では、ポルト・ド・ヴァンヴから地下鉄に乗り、
アンヴァリッドでERE(エール・ウー・エール)に乗り換え、
ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュまで行き、
ヴェルサイユ宮殿を観光するはずでした。
事前に、ネットでチケットを買っていたので。

地下鉄は、日本でも一部導入されているかもしれませんが、
電車に乗るときには、ドアについているボタンを押す(もしくはレバーをあげる)をしないと、駅によってはドアが開きません。
降りるときも、ドアについているボタンを押さないと、ドアは開きません。

ほとんど、アナウンスは聞き取れないので、
駅を通過するたび、今どこなのか表示を確認していました。
↑よそもの丸出し。というか、顔が日本人丸出しだけど・・・

乗り換えの駅は、ホームに転落防止のための自動ドアがついている駅でした。
なので、電車に乗り降りするのに、電車とホームの2枚のドアを通過します。

駅に着いたので、夫、私の順で電車を降りようとしたら、
ものすごい勢いで、中学生くらい?のお姉ちゃん4,5人が乗り込んできて、
ドア横のおじいさんの手押し車のような荷物が電車から落ちそうになり、
おじいさんがあわてて荷物を引っ張っていました。

お姉ちゃんたちは、3人くらい横並びで入ってきたので、
私たちが出られず、降りそこないそうなので、必死に降りました。

私が降りるとき、そのおじいさんが何かを言って、背中を押してくれました。

その段階では、降りれなくて困ってる私を助けてくれたのかと思ってました。

***********

そして。改札を出るため階段を上がる途中で夫が
「財布を取られた」って。

すぐ、さっきの女の子たちの仕業だと気づいたけど、どうしようもなく。

財布には、まだユーロに変えたけど、ほとんど使ってないフランスでの滞在費全部と、
夫のお小遣いだったらしい、日本円。けっこうな金額です。
それと、運転免許、保険証、クレジットカード。
このカードがまた、なんでそれ持ってきたん?な、給料が振り込まれる口座のキャッシュカード兼用のやつ。ボーナス振り込まれたばかりだし・・・

夫のバッグと、私の口があんぐりしてました(笑)

でも、意外と?私はパニックになるわけでなく、
とりあえず、乗換駅のインフォメーションに行って、財布を取られたことを伝えたけど、
なんとも面倒くさそうな感じ。
言ってることはいまいちわからなかったけど、警察に行ってくれと言われた。

それより、カードが怖いので、地下から外に出て、
クレジットカードを止める手続きを。
visaの連絡はすぐできたんだけど、銀行のキャッシュカードは手続きが別らしく、
大阪の私の弟にヘルプ~
手続き方法を調べてもらって、なんとかなりました。
ちょっと通話料はかかったけど、電話って便利だね。

ま、これさえ止めれば、あとは仕方がないな。
私は、蚤の市やお土産を買いまくる予定だったので、
そこそこお金を持ってきてたし、私のキャッシュカードもあることだから、
めったにフランスに来れないし、せっかくだからキャッシングしてでも楽しもう~!
と、私はあんまし気にしてないんだけど、
さすがに夫はしょんぼりでしたね~

**********

あとで考えると、降りる人を邪魔してまで乗ってくるフランス人は、
その後はいなかったし、わざとだと気づくべきだった。
入口付近のわざと荷物を車外に落とした老人も、多分わざとだね。
その老人が背中を押してくれたのも、気づかれる前に車外に押し出したかったんだろうなぁ。

相手は集団なので、変に気づいて取り返そうとしてたら、
怪我してたかもしれないので、
財布ですんでよかった。
パスポートも無事だったし。

でもでも。
そのとられた財布、私が誕生日プレゼントにあげたものだったのにぃ~
そこだけ残念。
来月、夫の誕生日なので、またプレゼントは財布だな。

**************

それから、ポリースをさがしてうろうろ。
そこらの人に聞きながら近くまで行くと、
広場に10人以上のおまわりさんがバイクに乗って集まっていました。
楽しそうにおしゃべりしてるようにしか見えない・・・

その一人に警察がどこかを聞くと、すぐ横の坂道を下った地下でした。
なんとわかりにくい・・・・

なんとかたどり着き、
財布をすられたことを説明。

ここでもやっぱり、めんどくさそうな態度。

「フレンチ?イングリッシュ?」かなんか、どっちの言葉がわかりますか?って聞かれた。
選択肢がその2つしかないので、若干いらっとして(笑)
「ジャパニーズ」と答えてみる。

そしたら、「僕たちは、忙しすぎるから、今は書類を書けない。4時ごろになってもう一回来るか、
パリ市内の他の警察に行ってくれ」な感じのことを言われる。

めちゃ、暇そうだし、携帯でメールして遊んでたくせに。

とりあえず、okと言って、後でまた来ますと立ち去りました。

***************

さて。気を取り直して。

ベルサイユ宮殿に行くことにしました。

入るのに、驚くくらいの行列。
先に、トリアノンの方に行くことにしました。
案内表示にしたがって、メインの左側の入口へ。
そこまで行くと、右側に変更になったという張り紙。
かなり遠いんですけど・・・・

さらに、中に入ってから、歩いても歩いてもつかない~
乗り物も走ってたけど、節約。

マリーアントワネットが浮気してたらしい場所やらを見て、
ヴェルサイユ宮殿も見学。
f2_5.jpg
f2_6.jpg
f2_7.jpg
f2_8.jpg
写真では伝わりませんが・・・素敵でした。

トリアノンの前などで、オレンジジュースを販売してました。
本物のオレンジを2つに切って絞ります。
コップ一杯になるまで、2個半ほど絞ってくれました。
おいしかった♪

***************

さて。約束の4時は過ぎちゃったけど、
一応警察に行ってみました。

今度は、女の警官がいて、すりのことを伝えると、
国籍を聞かれ、すぐに書類を出してくれました。
でも、これまた面倒くさそうなお姉さん。
暇さえあれば、携帯触ってる。
日本ではありえないなぁ。

その後に出てきた男の警官だけ、ちょっと気の毒そうな顔をしてくれました。
それで、身振り手振りでおじちゃんとおしゃべり。
フランス語、ほぼ登場せずだけど、だいたいわかってくれたみたい。
おもしろい。

書類を書き終わり、歩き疲れたので、後ろにあったベンチに座ってました。

そしたら、さっきのおじちゃんが、そこではなく、後ろのパイプいすに座った方がいいって。
それで、座りなおしたんだけど、よく見たら、クッション性のない鉄のベンチは床にねじで止められてて、
2台に3つずつ、手錠がぶら下がってました。
どうやら、悪いことした人が座るベンチだったらしい。
待合?のど真ん中。

その後、フランス人だろうと思われる2人組が携帯をなくしたらしく、
被害届を出して、私たちの横に座って、書類が出来上がるのをまってました。

さらにその後、私服警官っぽい人が2人と、
オジサン2人とお姉さん1人が入ってきて、
その3人はさっきのベンチへ。
なんか、ものすごく不機嫌な顔。
しばらくたって、容疑が確定したのか、3人ともその手錠につながれ、
ベルト類をはずせと言われ、携帯も没収、荷物も徹底的にチェック。
そして、警官がゴム手袋でボディーチェック。

おじちゃんのカバンからは、謎の長い包みと、
ウインナー1袋。
没収されてました。
まさか、万引き?
それで手錠???

日本とは違いますね~

思わぬ、予定外の警察観光になってしまいました。

到着してから、書類書いてくれるまで、2時間かかりました。

その間。お姉さんの警官はすきをみつけては、携帯で遊んだり、
潔癖症なの?ってくらい、手を洗いに行く。

私たちみたいな日本人がちょくちょくいて、
めんどくさいんだろうね。
せっかくなので、出来上がった書類を撮影(笑)
f2_9.jpg
f2_10.jpg

お土産話。高すぎる。

お友達のみなさん。そういうわけで、お土産はあまり買えなくてごめんね~
* Category : 未分類
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by Chico
フランス旅行記、その1の続きを楽しみに待ってました。
が、本当に大変な目に遭ったんだね…
mo*moちゃんはパニックにならずに
しっかり対処が出来て偉いわ~

私は学生時代にフランスに行ったんだけど
とにかく日本人は いいカモだから
スリには気をつけてって、しつこいくらい言われたよ…
メトロで集団スリって多いみたい。

ヴェルサイユ宮殿、素敵だね~
私は美術館中心に観光したから
行ってないんだ…
またいつかフランス旅行してみたいな。
でも、ちょっと怖い気もする。。。

chicoちゃんへ * by mo*mo
ありがとう~
そうそう、とられたのが自分じゃないからかなぁ。
そんなにパニックになることなく、いかに楽しく過ごすかって感じでした。
よくないことがあっても、その中でも幸いな部分を探すタイプなので。

そうそう、いかにも外人を疑ってない、日本人観光客の代表って感じで、カモでしたね。

フランス、やっぱり美しいものがいっぱいあるし、懲りずにまた行きたい。

お疲れさまでした^^ * by tomato
それは大変でしたね…。
今度お逢いした時素敵なお土産見せてください^^
私は結婚10年目にのんびり北海道でも行きたいな♪

tomatoさんへ * by mo*mo
コメントありがとうございます。
今度お邪魔しますね~♪